若者-長期化する移行期と社会政策

社会政策学会 編

増え続けるニートやフリーター。問題の分析枠組みをとらえ、実態と政策課題を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 共通論題 若者-長期化する移行期と社会政策(長期化する移行期の実態と移行政策
  • 揺れる学校の機能と職業社会への移行-教育システムの変容と高卒無業者
  • 労働市場における若年雇用の今日的位相 ほか)
  • 2 テーマ別分科会 報告論文と座長報告(製造業労働の研究方法について
  • ひとり親家族政策とワークフェア-日本における制度改革の特徴と課題
  • 「非正規雇用」の拡大と新たな雇用管理-大手百貨店A社の動向を中心に ほか)
  • 3 国際シンポジウム(The Development of Japanese Social Policies and its Structural Characteristics
  • 2005 Revision of Long‐term Care Insurance-Financial Sustainability and Integration of the Subsidy System for the Disabled)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若者-長期化する移行期と社会政策
著作者等 社会政策学会
書名ヨミ ワカモノ - チョウキカスル イコウキ ト シャカイ セイサク
書名別名 Wakamono - chokikasuru ikoki to shakai seisaku
シリーズ名 社会政策学会誌 / 社会政策学会 編 第13号
出版元 社会政策学会本部事務局 : 法律文化社
刊行年月 2005.3
ページ数 275p
大きさ 21cm
ISBN 4589028093
NCID BA71497434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20768826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
2005 revision of long-term care insurance Takafumi Uzuhashi
The development of Japanese social policies and its structural characteristics Kingo Tamai
The prospect of financial instability of social security system and policy measures in the Republic of Korea Soon-il Bark
「若者-長期化する移行期と社会政策」に寄せて 横山壽一
「非正規雇用」の拡大と新たな雇用管理 青山悦子
ひとり親の就業と階層性 藤原千沙
ひとり親の就業をめぐる諸問題 仁田道夫
ひとり親家族政策とワークフェア 湯澤直美
パネル調査による問題・政策分析の新たな可能性 岩田正美
ワークフェアとジェンダー 三山雅子
介護保険4年目の評価 小山秀夫
労働市場における若年雇用の今日的位相 松丸和夫
協調会研究の現状 五十嵐仁
国際シンポジウム
報告論文と座長報告
変化のなかの雇用構造 久野国夫
女性の社会階層と生活満足の変動 色川卓男
揺れる学校の機能と職業社会への移行 耳塚寛明
日本におけるパートタイム労働の実態と組織化について 小越洋之助
日本・韓国・中国の雇用制度 市原博
若年貧困と社会保障の課題 布川日佐史
若者-長期化する移行期の実態と移行政策
製造業労働の研究方法について 富田義典
長期化する移行期の実態と移行政策 宮本みち子
韓国社会保障財政の現状と「生産的福祉」論 埋橋孝文
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想