中東・中央アジア諸国における権力構造 : したたかな国家・翻弄される社会

酒井啓子, 青山弘之 編

中東・中央アジア地域の国々では過去20年にわたり「民主化」要求や「独裁」体制の改編などの政治・社会改革をめざす国内からの挑戦に直面してきた。また特に9.11事件以後はアメリカからの「民主化」圧力や体制変換要求に曝されている。にもかかわらず、アフガニスタンやイラクを除く多くの国々では、いまなお権威主義体制が存続している。その理由は何か、綿密な実証研究から明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中東・中央アジアにおける「したたかな国家」
  • 第1部 動員-権力基盤確立のために(権威主義・独裁維持のための「多元主義」-バッシャール・アサド政権下のシリア
  • エジプトにおける議会家族の系譜
  • カザフスタンにおける地方政治エリート(1992〜2001年))
  • 第2部 政治参加-開かない門、壊れた扉(体制内改革の「失敗」とイラン・イスラーム共和国体制基盤
  • トルコにおける社会的亀裂と政党制の定着
  • オスロ合意、ロード・マップ、ジュネーブ提案-イスラエル・パレスチナ和平プロセスの10年
  • イラクにおけるシーア派イスラーム運動の展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中東・中央アジア諸国における権力構造 : したたかな国家・翻弄される社会
著作者等 アジア経済研究所
酒井 啓子
青山 弘之
書名ヨミ チュウトウ チュウオウ アジア ショコク ニ オケル ケンリョク コウゾウ : シタタカナ コッカ ホンロウサレル シャカイ
シリーズ名 アジア経済研究所叢書 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.3
ページ数 283p
大きさ 21cm
ISBN 4000099701
NCID BA71413897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20770757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想