アインシュタインと21世紀の物理学

日本物理学会 編

アインシュタインの「奇跡の年」1905年から100年後の「世界物理年」2005年に、物理学の広い分野の現状と将来を俯瞰する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ブラウン運動と非平衡統計力学
  • 2 理想気体のボース‐アインシュタイン凝縮
  • 3 重力波-21世紀の新しい目
  • 4 最大の過ち?-ダークエネルギー
  • 5 素粒子の標準模型を越えて
  • 6 光の自然放出と誘導放出、そして光応答の操作と制御
  • 7 EPRパラドックスからベルの不等式へ
  • 8 ブラックホールを見る
  • 9 超弦理論とブラックホールのパラドックス
  • 10 統一理論から超弦理論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタインと21世紀の物理学
著作者等 日本物理学会
書名ヨミ アインシュタイン ト 21セイキ ノ ブツリガク
書名別名 Ainshutain to 21seiki no butsurigaku
出版元 日本評論社
刊行年月 2005.3
ページ数 249p
大きさ 21cm
ISBN 4535784302
NCID BA71399526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20763317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想