チャールズ一世の船舶税

酒井重喜 著

国王は戦時に海港から民有船を徴用して王有船との二元的艦隊を編成した。しかし軍事技術の高度化は一元的国家的海軍の建設を強いた。チャールズ一世はそのための資金として船舶税を課したが、船舶税は旧い船舶徴用の転化したもので、議会の承認を必要とする通常の税ではないとされた。しかし賦課の金納化・全国化・反復化は、船舶税が船舶徴用とは異質のまぎれもない税であることを明らかにした。この矛盾は国民的・重商主義的課題を担う海軍が国王大権による賦課金で支えられるという矛盾でもあった。課題と担い手のこの矛盾は長期議会によって解かれていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 州社会における船舶税とシェリフ(チェシャーにおける船舶税とシェリフ
  • ハンプシャーにおける船舶税とシェリフ
  • サマセットシャーにおける船舶税とシェリフ
  • サフォークシャーにおける船舶税とシェリフ ほか)
  • 第2部 船舶税の前史・目的・合法性(船舶徴用から船舶税へ
  • 海上主権論と船舶税艦隊
  • 一六二六年と一六二八年の船舶税
  • 船舶税裁判 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チャールズ一世の船舶税
著作者等 酒井 重喜
書名ヨミ チャールズ イッセイ ノ センパクゼイ
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 67
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2005.3
ページ数 362, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4623042537
NCID BA71397790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20763446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想