経済学のすすめ

藤本高志 編

[目次]

  • 1 経済学とは何か?(日常生活と経済学-個人生活を支える市場経済の考察入門
  • 現代経済を考える時のみどころ、考えどころ-マルクス経済学からみる
  • 不況はなぜ起こるか?-近代経済学からみた現代の経済学
  • 経済学はこのようにはじまった-経済学の形成と展開をめぐって)
  • 2 経済を分析する(市場メカニズムとは何か?-価格シグナルが支配する経済社会とその効率性
  • 所得とはなんだろうか?-最終生産物と中間生産物
  • 政府の介入はなぜ必要か?-国家の役割について考えてみよう
  • 為替レートはどのように決まるのか?-財布の中から拡がる国際経済
  • 自由貿易は各国の利益になるのか?-リカード・モデルを数値例で考えてみよう)
  • 3 経済を数量的に把握する(経済学と統計データ-統計データに親しむと経済学が面白くなる
  • 回帰分析をしてみよう-売上予測に挑戦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学のすすめ
著作者等 藤本 高志
書名ヨミ ケイザイガク ノ ススメ
書名別名 Keizaigaku no susume
出版元 法律文化社
刊行年月 2005.3
ページ数 163p
大きさ 19cm
ISBN 4589028069
NCID BA71384052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20774844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想