批評理論入門 : 『フランケンシュタイン』解剖講義

廣野由美子 著

批評理論についての書物は数多くあるが、読み方の実例をとおして、小説とは何かという問題に迫ったものは少ない。本書ではまず、「小説技法篇」で、小説はいかなるテクニックを使って書かれるのかを明示する。続いて「批評理論篇」では、有力な作品分析の方法論を平易に解説した。技法と理論の双方に通じることによって、作品理解はさらに深まるだろう。多様な問題を含んだ小説『フランケンシュタイン』に議論を絞った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 小説技法篇(冒頭
  • ストーリーとプロット
  • 語り手
  • 焦点化 ほか)
  • 2 批評理論篇(伝統的批評
  • ジャンル批評
  • 読者反応批評
  • 脱構築批評 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批評理論入門 : 『フランケンシュタイン』解剖講義
著作者等 広野 由美子
書名ヨミ ヒヒョウ リロン ニュウモン : フランケンシュタイン カイボウ コウギ
書名別名 Hihyo riron nyumon
シリーズ名 フランケンシュタイン
中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.3
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 4121017900
NCID BA71381553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想