知ってナットク原子力 : 100億人のエネルギーサイクルの理由 : 徹底Q&A

宅間正夫, 藤森礼一郎 著

電気新聞連載「温故知真 原子力のいま」に大幅な加筆訂正を加え、再構築しました。1953年の国連演説「アトムズ・フォー・ピース」から現在に至るまでの原子力平和利用の歴史をQ&A形式で答えます。プルサーマル、核燃料サイクル、安全性など、日本の原子力が直面している論点をわかりやすく解説しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「平和利用」の枠組み(平和利用の歴史を振り返る
  • 日本の平和利用の始まり)
  • 第2章 なぜ?核燃料サイクル(プルサーマル・日本の選択
  • 「計画」再始動 ほか)
  • 第3章 プルサーマルって何?(プルトニウムを自前で
  • 実証炉中止決定の背景 ほか)
  • 第4章 原子炉開発の歴史(最初の商業用炉
  • フランスの原子力発電の始まり ほか)
  • 第5章 原子力の技術と信頼性(「バーチャル化」した技術
  • 技術者のサラリーマン化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知ってナットク原子力 : 100億人のエネルギーサイクルの理由 : 徹底Q&A
著作者等 宅間 正夫
藤森 礼一郎
書名ヨミ シッテ ナットク ゲンシリョク : 100オクニン ノ エネルギー サイクル ノ ワケ : テッテイ Q & A
シリーズ名 電気新聞ブックス
出版元 日本電気協会新聞部
刊行年月 2005.2
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4902553120
NCID BA71378752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20867731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想