アンベードカルの生涯

ダナンジャイ・キール 著 ; 山際素男 訳

「もし私が、私がそこに生れ育った階級が呻吟する、忌わしい奴隷制と非人間的不正をやっつけることができなかったら、頭に弾丸をぶちこんで死んでみせる」この国、いや外国においてすら、アンベードカルほど波瀾に富み、刺激的でロマンチックな人間は稀であろう。牛糞にまみれた不可触民の子として生れ、不治の病のように忌み嫌われた少年時代を送り、床屋、宿屋、寄宿舎、車、寺院、役所といった社会の総てから疎外され、飲水、食物すら拒否される人生を歩まされ、やがて世界的最高学府で学位を取りながら、その一歩一歩を徒手空拳、血と汗を流し一つ一つ取ってゆかねばならなかった。六五歳という短い生涯の中で、これほどまで多才な目覚ましい働きと学識を誇り得たということは、現代社会では恐らく類のない出来事であろう。『ブッダとそのダンマ』に賭けた仏教再生への凄絶な人生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二五〇〇年
  • 幼年、青年時代
  • 自立
  • 時の人
  • 奴隷制に抗して
  • 独立宣言
  • 輝ける星
  • 土地、労働、教育
  • 世界世論の審判
  • ガンジーとの闘い〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンベードカルの生涯
著作者等 Keer, Dhananjay
山際 素男
キール ダナンジャイ
書名ヨミ アンベードカル ノ ショウガイ
書名別名 Anbedokaru no shogai
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2005.2
ページ数 348p
大きさ 18cm
ISBN 4334032958
NCID BA71374117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20747071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想