考える技法

小阪修平 著

自分の頭で考えられる人はどこが違うのか?周りを唸らせるにはテクニックが必要である。投げかけられた問いの論点をつかみ、キイワードを見つけ、反論を予想しながら発想を深めていく。「文学部に行って将来役に立つのか」「先生を好きになってしまったらどうする?」といった身近な話題に始まり、「なぜ人を殺してはいけないのか」「なぜ善良な人が不幸にみまわれるのか」といった哲学的な議論にも挑戦。さまざまなテーマ、切り口で出題された小論文問題を材料に、発想のヒントをやさしく順序立てて解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 関係をつかむことば
  • 2 近代的な考え方の枠組み
  • 3 ことばを分析し、対立概念をつくる
  • 4 対照的なことばを見つける
  • 5 問いを発見する
  • 6 テーマを発見する-発想を豊かにする
  • 7 問いを変換する
  • 8 なぜ人を殺してはいけないのか-道徳と倫理
  • 9 旅の終わりに-制度と風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考える技法
著作者等 小阪 修平
書名ヨミ カンガエル ギホウ : ショウロンブン デ アタマ ガ ヤワラカクナル
書名別名 小論文で頭がやわらかくなる
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2005.3
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4569642373
NCID BA71371775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20764553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想