六韜

林富士馬 訳

『六韜』は"武経七書"の一書に選ばれ、『三略』にならぶ兵法学の名著として古今東西の武将たちに読み継がれてきた。前漢の軍師張良が黄石公より譲り受け、我が国では藤原鎌足が暗記するまでに愛読し、源義経が密かに戦術の奥義を学んだなどと語り伝えられる。戦術論のみならず、人心掌握法や組織を率いる心構えを余すことなく説いた、今もなお貴重な示唆を与える組織論の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文韜
  • 第2章 武韜
  • 第3章 竜韜
  • 第4章 虎韜
  • 第5章 豹韜
  • 第6章 犬韜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 六韜
著作者等 林 富士馬
書名ヨミ リクトウ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.2
ページ数 381p
大きさ 16cm
ISBN 4122044944
NCID BA7134261X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20758576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想