不法行為法

吉村良一 著

改正により新条文に取り込まれた記述の趣旨を明らかにするとともに、新たな判例や学説をフォローして、標準的な教科書が一層充実!平成16年の民法現代用語化に対応。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不法行為総説(不法行為の意義
  • 不法行為法の基本原理
  • 不法行為とその他の救済制度)
  • 第2章 一般的不法行為の要件(違法性
  • 故意または過失
  • 違法性と過失の関係
  • 損害の発生と因果関係)
  • 第3章 不法行為の効果(損害賠償の方法
  • 損害賠償請求権者
  • 損害賠償の範囲と額の算定
  • 不法行為による損害賠償請求権の性質)
  • 第4章 特殊の不法行為(他人の行為による責任
  • 物の関与による特別の責任
  • 複数責任主体の不法行為責任
  • 特別法上の不法行為)
  • 第5章 不法行為責任と契約責任(請求権競合)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不法行為法
著作者等 吉村 良一
書名ヨミ フホウ コウイホウ
書名別名 Fuho koiho
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.3
版表示 第3版.
ページ数 299p
大きさ 22cm
ISBN 4641133964
NCID BA71313156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20809984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想