バイオロジー事始 : 異文化と出会った明治人たち

鈴木善次 著

進化論などの生物学=バイオロジーは、明治の日本にどう受け入れられたのか。「神経」などの訳語の作成、教育や医学の西洋化、禁じられていた肉食の普及に奮闘した人びとの姿から、バイオロジーと近代化の関係を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「日本の近代化」と「バイオロジー」-プロローグ
  • バイオロジーの受容
  • 「生命」をめぐる状況
  • 「医」をめぐる状況
  • 「食農」をめぐる状況
  • バイオロジーの将来展望と日本人-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオロジー事始 : 異文化と出会った明治人たち
著作者等 鈴木 善次
書名ヨミ バイオロジー コトハジメ : イブンカ ト デアッタ メイジジンタチ
書名別名 Baioroji kotohajime
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 188
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.4
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4642055886
NCID BA71297945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20761924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想