ことばの由来

堀井令以知 著

「どっこいしょ」とは何か、「べそをかく」とは何をすることか。日常生活でなにげなく使っていることばや言い回しを取り上げて、その由来を丁寧に説き明かす。ことばというものの思いがけない生い立ちに目を見張り、日本文化と深くかかわりながら変遷してきた日本語の面白さ、豊かさ、隠されている先人の知恵などを感じ取っていただきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-「私」から
  • 第1章 「どっこいしょ」とは何だろう-ことばのできかた
  • 第2章 べそを「かく」、あぐらも「かく」-ことばと日本文化
  • 第3章 ことばの広がり、意味の広がり-ことばの変化
  • 第4章 匂いと香りはどう違うか-ことばの住み分け
  • おわりに-「あなた」へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばの由来
著作者等 堀井 令以知
書名ヨミ コトバ ノ ユライ
書名別名 Kotoba no yurai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.3
ページ数 193, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4004309417
NCID BA71296476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20767889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想