女興行師吉本せい : 浪花演藝史譚

矢野誠一 著

大正2年、"吉本興行部"の看板のもと寄席興行に乗り出し、大阪演芸界を席捲した稀代の名プロデューサー吉本せい。こんにちの吉本興業の基礎をつくった女社長・せいの60年の生涯をたどりつつ、桂春団治、エンタツ・アチャコら吉本を担った芸人たちの芸と生き方、演芸の栄枯盛衰、興行をめぐるさまざまな事件など、関西演芸史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 家庭
  • 1 第二文芸館
  • 2 桂春団治と安来節
  • 3 万歳と小市民
  • 4 エンタツ・アチャコ
  • 5 落語との訣別
  • 6 崩壊
  • 終章 南区心斎橋筋二丁目

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女興行師吉本せい : 浪花演藝史譚
著作者等 矢野 誠一
書名ヨミ オンナ コウギョウシ ヨシモト セイ : ナニワ エンゲイシタン
書名別名 Onna kogyoshi yoshimoto sei
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.3
ページ数 271p
大きさ 15cm
ISBN 4480420762
NCID BA71269054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20758376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想