完本風狂始末

安東次男 著

『芭蕉七部集評釈』正(1973)・続(1978)は、連句評釈という形式を借りて、徹底的に蕉風とは何かを追求し、識者の世評を上げた。以来十余年、さらに新釈を志し、『風狂始末』(1986)『続風狂始末』(1989)『風狂余韻』(1990)を上梓した。そこで、付合とは何か、言葉とは何かを、各歌仙の趣向と併せて、極めて緻密な考証と研ぎ澄まされた想像力を駆使してスリリングに読み解く。ここに、芭蕉とその一門の人間ドラマが展開される。読者は、本書を繙くことによって、その連句のはこびの緊迫した対話の場へと引きずり込まれる。著者のライフワーク、芸術選奨文部大臣賞受賞の画期的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 狂句こがらしの巻(『冬の日』)-芭蕉・野水・荷兮・重五・杜国・正平
  • 霽の巻(『冬の日』)-杜国・重五・野水・芭蕉・荷兮・正平
  • 雁がねの巻(『阿羅野』)-越人・芭蕉
  • 鳶の羽の巻(『猿蓑』)-去来・芭蕉・凡兆・史邦
  • 梅が香の巻(『炭俵』)-芭蕉・野坡
  • 炭売の巻(『冬の日』)-重五・荷兮・杜国・野水・芭蕉・羽笠
  • 霜月の巻(『冬の日』)-荷兮・芭蕉・重五・杜国・羽笠・野水
  • 花見の巻(『ひさご』)-芭蕉・珍碩・曲水
  • 灰汁桶の巻(『猿蓑』)-凡兆・芭蕉・野水・去来
  • 空豆の巻(『炭俵』)-狐屋・芭蕉・岱水・利牛

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 完本風狂始末
著作者等 安東 次男
書名ヨミ カンポン フウキョウ シマツ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.3
ページ数 701p
大きさ 15cm
ISBN 4480089012
NCID BA71268867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20758570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想