なぜ日本人はイラクに行くのか

吉岡逸夫 著

泥沼化するイラク情勢-自衛隊の派遣、人質事件、ジャーナリスト・人質の殺害事件等、もはや他人事ではすまされない。イラクツアーを組んだ旅行会社社員、NGOメンバー、親日家のイラク市民、サマーワからのラジオ中継を続けるお米屋さん、四人の自衛隊員、拘束された安田純平さん、人質となった今井紀明さん、射殺された故橋田信介さんの妻・幸子さん、作家の雨宮処凛さん。イラクを訪ねた理由、現地で見たこと、感じたことは何か?一二人の声を重ね合わせる中に、「イラクの真実」が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 市民たち(イラクツアーを組んだ旅行社のスタッフ・川名昭広さん
  • NGOの声・西村陽子さん ほか)
  • 第2章 自衛隊員(坂口誠さん・施設隊通訳幹部二等陸尉
  • 山村清次さん・本部管理中隊通信小隊陸曹長 ほか)
  • 第3章 ジャーナリスト、作家など(拘束事件の当事者・安田純平さん
  • フリージャーナリスト橋田信介さんの妻・橋田幸子さん ほか)
  • 終章 なぜ私はイラクへ行くのか(戦争報道はしばしばショーと化す
  • イラク人の大半は明るく笑っていた ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ日本人はイラクに行くのか
著作者等 吉岡 逸夫
書名ヨミ ナゼ ニホンジン ワ イラク ニ ユクノカ
書名別名 Naze nihonjin wa iraku ni yukunoka
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2005.3
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4582852645
NCID BA71232611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想