蓮如上人・空善聞書

空善 著 ; 大谷暢順 全訳注

衰微していた本願寺を一大教団へと再興した蓮如上人。教勢拡大へと導いた真宗信心の要とは一体何か。また、人々の心を大きくつかんだ秘訣とは何であったのか。上人の身辺に近侍していた法専坊空善は自らの目で見た蓮如晩年の姿と弟子たちに語りかけた教えを記録した。隠居後も変わらぬ布教への情熱、門下への思いやり等々。等身大の蓮如像を現代に伝える言行録の初の注釈書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 空前聞書
  • 蓮如の生涯
  • 空善と『空善聞書』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蓮如上人・空善聞書
著作者等 大谷 暢順
空善
書名ヨミ レンニョ ショウニン クウゼン キキガキ
シリーズ名 空善聞書
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.3
ページ数 354p
大きさ 15cm
ISBN 4061597027
NCID BA71232214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20759677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
空善聞書
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想