よみがえるロマノフ家

土肥恒之 著

一六一三年ミハイル選出から一九一七年ニコライ退位に到るまで十九人を数える君主の家系はいかに継がれていったのか。西欧派・ピョートル大帝やパリに入城したアレクサンドル、女帝の世紀の啓蒙君主・エカテリーナなどの事績を追い、強い君主を希求するロシアの民衆とツァーリ一族の三百年を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロマノフ王朝の誕生-一六一三‐一六八九年
  • 第2章 ピョートル大帝のロシア-一六八九‐一七二五年
  • 第3章 宮廷革命と「女帝の世紀」-一七二五‐一八〇一年
  • 第4章 専制の危機と対応-一八〇一‐一八五六年
  • 第5章 解放皇帝とその挫折-一八五六‐一八九四年
  • 第6章 最後の皇帝ニコライ二世の時代-一八九四‐一九一七年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よみがえるロマノフ家
著作者等 土肥 恒之
書名ヨミ ヨミガエル ロマノフケ
シリーズ名 講談社選書メチエ 326
出版元 講談社
刊行年月 2005.3
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4062583267
NCID BA71228727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20760845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想