ピエール・ベール伝

ピエール・デ・メゾー [著] ; 野沢協 訳

フランス啓蒙思想に最大の武器庫を与えたピエール・ベールの古典的伝記。その研究の土台となり18世紀以来連綿として読み継がれてきた待望の書の完訳。詳細な訳註と懇切な解説を付し、謎の思想家の全体像が鮮明にされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ピエール・ベール伝
  • 付録(カルラノ暦(ベール自筆の履歴書)
  • パリ市、同プレヴォ裁判区、同子爵領警視総監ド・ラ・レニ氏の命令。『マンブール氏の「カルヴァン派史」の一般的批判』について
  • ベール氏の『歴史批評辞典』に関するロッテルダムのワロン教会長老会議の議事)
  • ベール伝資料(訳者による補足)(ジャック・バナージュ「ベール氏讃」
  • デュ・ルヴェ師『ベール氏とその著作の歴史』)
  • 解説 ピエール・デ・メゾーと『ベール氏伝』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピエール・ベール伝
著作者等 Desmaizeaux, Pierre
野沢 協
Maizeaux Pierre Des
メゾー ピエール・デ
書名ヨミ ピエール ベール デン
書名別名 La vie de Mr.Bayle
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 816
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.3
ページ数 637, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4588008161
NCID BA71216546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20831757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想