世界で最も乾いた土地 : 北部チリ、作家が辿る砂漠の記憶

アリエル・ドーフマン 著 ; 水谷八也 訳

ノルテ・グランデ-チリ北部の砂漠地帯は一滴の雨も降らない世界一乾いた土地。すべてを砂漠で覆い、過去をも腐食させることなく保っているそこで目にするのは世界最古のミイラ、南北アメリカ大陸最古の足跡、かつて権力者たちが覇権を争った硝石鉱山、一時の夢のように花咲いた工場街の跡、そしてピノチェト政権によって親友が銃殺された現場…。旅はいつの間にか、砂漠の近代史、人類の歴史、さらには生命の起源をも現在に重ねた時間を巡る壮大な瞑想となっていく。無尽蔵に貯め込まれた"砂漠の記憶"が紡ぎ出す過去と未来から垣間見える現在の意味とは…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 起源
  • 第2部 幽霊たち
  • 第3部 死体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界で最も乾いた土地 : 北部チリ、作家が辿る砂漠の記憶
著作者等 Dorfman, Ariel
水谷 八也
ドーフマン アリエル
書名ヨミ セカイ デ モットモ カワイタ トチ : ホクブ チリ サッカ ガ タドル サバク ノ キオク
書名別名 Desert memories
シリーズ名 National Geographic directions
ナショナルジオグラフィック・ディレクションズ
出版元 早川書房
刊行年月 2005.2
ページ数 308p
大きさ 20cm
ISBN 4152086203
NCID BA71192197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20748200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想