歴史の分岐点に立って

加藤周一 著

[目次]

  • 日本はアメリカを怖がりすぎだ(インタヴュー)
  • 私はなぜ憲法を守りたいのか(大江健三郎)
  • 歴史の分岐点に立って(姜尚中)
  • 憲法を体現して生きる(辛淑玉)
  • 戦争と平和(憲法座談会)(樋口陽一・暉峻淑子・佐高信)
  • 戦争と日本-過去から未来へ(沢地久枝)
  • 迷走する日本(寺島実郎)
  • 衰弱する批判精神(ロナルド・ドーア)
  • 二〇世紀と放送(内川芳美)
  • 再びのヨーロッパ(池沢夏樹)
  • 日韓の歴史・文化と未来(金容雲)
  • 世界史の転換と歴史の読み直し(網野善彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の分岐点に立って
著作者等 加藤 周一
書名ヨミ レキシ ノ ブンキテン ニ タッテ
シリーズ名 加藤周一対話集 / 加藤周一 著 第5巻
出版元 かもがわ
刊行年月 2005.2
ページ数 321p
大きさ 20cm
ISBN 4876998612
NCID BA71178243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20744474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想