等族制国家から国家連合へ : 近世ドイツ国家の設計図「シュヴァーベン同盟」

皆川卓 著

近世のヨーロッパ諸国は、等族(諸身分)の人格を宮廷や議会に統合し、その手に「正当な暴力」を独占したことで、かろうじて主権国家の顔をしていた。やがてこれらの諸国は、絶対主義を経て中央集権国家に成長していく。一方この種の「正当な暴力の独占」を実現できなかったのが、中央ヨーロッパの老大国「神聖ローマ帝国」であった。しかしそれは決してアナーキーではなかった。地域的に分割された暴力管理制度と、全体を統括する司法制度の組み合わせによって、暴力を法の枠組みに押さえ込み、一定の平和を維持していたのである。この老帝国の故地から、数多くの連邦国家が生み出された。その最大のものである後のドイツで、こうした連邦国家への道が開かれたのはいつか。その起源をこの地に特徴的な等族の「同盟」に求め、プロソポグラフィーや国際政治学の地域理論を駆使して、制度的に最も完成したとされる「シュヴァーベン同盟」(1488〜1534)に探るのが本書である。近世ドイツ国家の設計図「シュヴァーベン同盟」の新たな歴史像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「連邦制」の淵源としての等族同盟
  • 第1章 シュヴァーベン同盟略史
  • 第2章 同盟の制度
  • 第3章 同盟の人的統合
  • 第4章 同盟の地域統合
  • 結語 連邦制的伝統を担う同盟

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 等族制国家から国家連合へ : 近世ドイツ国家の設計図「シュヴァーベン同盟」
著作者等 皆川 卓
書名ヨミ トウゾクセイ コッカ カラ コッカ レンゴウ エ : キンセイ ドイツ コッカ ノ セッケイズ シュヴァーベン ドウメイ
出版元 創文社
刊行年月 2005.1
ページ数 278, 93p
大きさ 22cm
ISBN 4423460564
NCID BA71148366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20807218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想