プリオン病とは何か

ピエール=マリ・ジェド 著 ; 桃木暁子 訳

狂牛病騒動で知られるようになった、死の感染症-プリオン病は、ウイルスとも細菌とも違う病原体から発症する!本書は、伝染経路の研究や動物実験結果などから導きだされた推論をもとに、ヒトやネコにまで海綿状脳症を引き起こす「プリオン蛋白質」の変性のメカニズムを詳しく解説していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新興感染症
  • 第2章 プリオン病のおもな特徴
  • 第3章 プリオン病の人間型
  • 第4章 反芻類のプリオン病
  • 第5章 プリオン-形の問題
  • 第6章 プリオン病は私たちに何を教えたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プリオン病とは何か
著作者等 Lledo, Pierre-Marie
桃木 暁子
Lled Pierre‐Marie
ジェド ピエール=マリ
書名ヨミ プリオンビョウ トワ ナニカ
書名別名 Les maladies a prions

Purionbyo towa nanika
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2005.3
ページ数 160, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4560508844
NCID BA71117602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20758665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想