コンプライアンスの考え方 : 信頼される企業経営のために

浜辺陽一郎 著

企業の不祥事があとを絶たない。しかも、同様の過ちがくり返されているところに、問題の深刻さがある。人間が介在する以上、事故や犯罪は必然的に生じるが、それを想定して対策を講じているかどうかによって、結果的にその企業の信用は全く異なったものになる。本書は、コンプライアンスの背景と基礎を紹介し、コーポーレート・ガバナンスなどともあわせて、健全な企業運営とはどう行えばよいのかを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ「コンプライアンス」と呼ぶのか
  • 第2章 企業倫理とは何なのか
  • 第3章 どう実践するのか
  • 第4章 隣接概念との関係
  • 第5章 背景にある法文化
  • 第6章 誤用と悪用
  • 第7章 どこまでやらなければならないか
  • 第8章 日本企業の二一世紀的挑戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンプライアンスの考え方 : 信頼される企業経営のために
著作者等 浜辺 陽一郎
書名ヨミ コンプライアンス ノ カンガエカタ : シンライサレル キギョウ ケイエイ ノ タメニ
書名別名 Konpuraiansu no kangaekata
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.2
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4121017846
NCID BA71061938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20764557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想