国際課税の理論と課題

水野忠恒 編著

[目次]

  • 国際課税の理論と課題
  • 我が国の租税条約締結ポリシー-日米新租税条約を中心に
  • 日米租税条約に対応した国内法の整備について
  • 移転価格税制の長期的展望
  • タックス・ヘイブン対策税制の問題点
  • 外国税額控除
  • 過少資本税制の問題
  • 非居住者の課税問題
  • 海外取引にかかる優遇税制の問題点
  • 国際的税務協力の現状と課題
  • アメリカにおける國際課税の動向と問題点
  • ECにおけるTax Harmonizationの動向
  • 国境を越える資金移動の自由化に対応した税法上の2制度の導入について
  • 国際課税共助-我が国における課税上の情報交換制度を中心として
  • 世界経済秩序と國際課税ルール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際課税の理論と課題
著作者等 水野 忠恒
金子 宏
木下 和夫
書名ヨミ コクサイ カゼイ ノ リロン ト カダイ
書名別名 Kokusai kazei no riron to kadai
シリーズ名 21世紀を支える税制の論理 / 木下和夫, 金子宏 監修 第4巻
出版元 税務経理協会
刊行年月 2005.2
版表示 2訂版
ページ数 393p
大きさ 22cm
ISBN 4419042583
NCID BA71033648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20740311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想