はじめて学ぶ金融論

建部正義 著

現代金融の基礎理論と現代日本の金融問題を鋭く説明し、平易に解説する。金融システム改革の最新動向をフォローし、さらに充実させた全面改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 金融の基礎理論(金融論を学ぶ意義
  • 金融論の入り口に立って
  • 管理通貨制度下の貨幣供給の基本的メカニズム
  • 銀行業務の基本的特質
  • 物価の番人としての日本銀行)
  • 第2部 現代日本の金融問題(カードはマネーか
  • 苦戦する電子マネー
  • エコマネーは21世紀の貨幣たりうるか
  • デリバティブの登場と資本主義のカジノ化
  • 金融ビッグバンの幻想と現実)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめて学ぶ金融論
著作者等 建部 正義
書名ヨミ ハジメテ マナブ キンユウロン
書名別名 Hajimete manabu kin'yuron
出版元 大月書店
刊行年月 2005.2
版表示 第2版.
ページ数 253p
大きさ 21cm
ISBN 4272111086
NCID BA71028965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20743213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想