水とワイン : 西欧13世紀における哲学の諸概念

川添信介 著

アリストテレスを論じることを禁止した教会に西欧13世紀の「哲学」はいかに対抗したか-神学との角逐の中に、哲学とはなにかを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 水とワイン
  • 第1章 一二七七年の禁令の問題
  • 第2章 急進的アリストテレス主義の哲学
  • 第3章 ボナヴェントゥラと哲学
  • 第4章 アクィナスと哲学
  • 第5章 哲学としての神学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水とワイン : 西欧13世紀における哲学の諸概念
著作者等 川添 信介
書名ヨミ ミズ ト ワイン : セイオウ 13セイキ ニ オケル テツガク ノ ショガイネン
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2005.2
ページ数 230p
大きさ 22cm
ISBN 4876986460
NCID BA70994309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20749210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想