ハードライフ

フラン・オブライエン 著 ; 大澤正佳 訳

20世紀初頭のアイルランドのダブリン、両親を早くに亡くして孤児となったメイナスとフィンバーの兄弟は、義理の伯父コロッピー氏に引き取られ、その家で暮らすことになった。友人の神父と議論にふけり、何やら重要なプロジェクトを画策中らしい変り者、コロッピー氏の独自の教育方針の下で二人は育てられるが、やがて兄メイナスは綱渡り術の通信講座というイカサマ商売を考案、怪しげな教本の出版販売や競馬のノミ行為など次々に事業を拡大し、ロンドンへと出て行った。その後、コロッピー氏が重い関節炎に悩んでいることを聞いたメイナスは、奇跡的特効薬"豊満重水"を贈って服用をすすめるが、この薬が思わぬ事態を引き起こすことに…。奇想小説『第三の警官』で知られるアイルランド文学の異才フラン・オブライエンの「真面目なファルス」小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハードライフ
著作者等 O'Brien, Flann
大沢 正佳
オブライエン フラン
書名ヨミ ハード ライフ
書名別名 The hard life
シリーズ名 Contemporary writers
出版元 国書刊行会
刊行年月 2005.2
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4336035873
NCID BA7096394X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20760206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想