自然史からみた治療戦略 : 日常診る消化器疾患

白鳥康史 監修

本書は日常で診療する消化器疾患の成り立ちや全体像を把握し、個々の症例のその時点・時点において、EBM、ガイドライン、Informed Consentを駆使してもっとも適切な医療サービスを支援する一助となることを願って企画したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 消化管疾患(Helicobacter pylori感染症(早期癌を含む)
  • GERD(Gastro‐esophageal Reflux Disease:胃食道逆流症)
  • 潰瘍性大腸炎 ほか)
  • 第2部 肝疾患(A型肝炎
  • B型肝炎
  • C型肝炎 ほか)
  • 第3部 胆・膵臓疾患(胆嚢炎
  • 胆石
  • 膵炎 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然史からみた治療戦略 : 日常診る消化器疾患
著作者等 白鳥 康史
書名ヨミ シゼンシ カラ ミタ チリョウ センリャク : ニチジョウ ミル ショウカキ シッカン
出版元 日本メディカルセンター
刊行年月 2004.10
ページ数 315p
大きさ 21cm
ISBN 4888751668
NCID BA70959793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20787062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想