新人生論ノート

木田元 著

戦後六十年にわたって、ハイデガーをはじめとする西欧の哲学や思想に向き合ってきた、哲学者木田元。本書は、著者が培ってきた思想のエッセンスをわかりやすく開陳した、ユーモアと機智に富んだ一冊である。故郷、記憶、運命、笑い、人生行路の諸段階、死、理性、性格、読者、自然、戦争体験、遊び、そして時間-。人生にまつわる十三のテーマは、現代日本屈指の哲学者の目にどう映ったのか。古今東西の古典から、時にはテレビドラマや流行歌の一節までを交えて軽やかに語った、味わい深い人生の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三木清と『人生論ノート』について
  • 故郷について
  • 記憶について
  • 運命について
  • 笑いについて
  • 人生行路の諸段階について
  • 死について
  • 理性について
  • 性格について
  • 読書について
  • 自然について
  • 戦争体験について
  • 遊びについて
  • 時間について
  • それぞれの秋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新人生論ノート
著作者等 木田 元
書名ヨミ シン ジンセイロン ノート
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2005.2
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4087202801
NCID BA70946543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20741238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想