心の病は食事で治す

生田哲 著

うつ病や不安障害など、心の病は脳内の神経伝達物質のインバランスによって発生する。薬を服用すれば症状は改善するが、薬には副作用がある。脳に恒久的なダメージを与えてしまいかねない。薬に頼らない治療法はないものか-。本書は、心の病を正しい食生活、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸をうまく摂取することで治す「分子整合精神医学」という方法を紹介する。なぜフライドポテトはダメなのか?なぜ精製白パンよりもライ麦パンのほうがいいのか?健全な精神は健全な食事でつくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 うつ、不安、キレるは食事が原因だった(心の病は神秘的なものではなく、脳という臓器の問題である
  • 脳は食物でできている ほか)
  • 第2章 脳の快適運転のためにブドウ糖を安定供給する(ブドウ糖は脳のガソリンだ
  • 血糖値の乱高下で気分が不安定になり疲れる ほか)
  • 第3章 アミノ酸こそが心を創る物質である(脳内を伝達物質がかけめぐることで心が発生する
  • 心を生化学的に理解する ほか)
  • 第4章 心の病を治す1-不安障害の原因と対処法(抗不安薬では治らない不安
  • 不安障害を退治する新しい方法 ほか)
  • 第5章 心の病を治す2-うつ病の原因と対処法(心のかぜ、うつ病は怖い
  • 興奮性伝達物質の枯渇は、原因の一つにすぎない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の病は食事で治す
著作者等 生田 哲
書名ヨミ ココロ ノ ヤマイ ワ ショクジ デ ナオス
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2005.3
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4569640737
NCID BA70942724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20746622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想