男のための漢方

幸井俊高 著

運動不足・食生活の欧米化・環境汚染・コンピューターによる仕事の変化・新たなストレス…それでも人は昔と変わらぬままの身体で生きていかなければならず、その結果さまざまな慢性病が増えた。そこで見直されているのが、「漢方薬」と「漢方思考」。西洋医学とはどう違うのかを分かりやすく説明し、男性に多い20の症例を取り上げつつ、一人一人の体質と生活に合わせた治療と健康法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漢方が慢性病に効く仕組み
  • 第2章 漢方で体質改善とはどういうことか
  • 第3章 現代人の五つの体質
  • 第4章 西洋医学と比べてみよう
  • 第5章 漢方が効くからだ
  • 第6章 中高年男性に多い症例
  • 第7章 生き方の中の漢方思考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男のための漢方
著作者等 幸井 俊高
書名ヨミ オトコ ノ タメノ カンポウ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.2
ページ数 245p
大きさ 18cm
ISBN 4166604287
NCID BA70923005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20754052
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想