統語構造と文法関係

岸本秀樹 著

本書は、統語構造と文法関係に関する現象について、経験的なデータを中心に考察したものである。特に、日本語と英語の原理的な共通性を念頭に置いて、言語現象の記述・説明を行った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 階層構造(統語分析の基本単位:語彙範疇と機能範疇
  • 英語と日本語の階層構造 ほか)
  • 第2章 非対格性と非能格性(表層の文法関係:主語と目的語
  • 非対格性と結果構文 ほか)
  • 第3章 存在・所有構文(英語のThere‐構文の特徴
  • 日本語の存在・所有文の文法関係 ほか)
  • 第4章 存在・所有文の拡張用法(リスト構文:定性の制約の例外?
  • 動的な意味を表す非対格動詞と所有文 ほか)
  • 第5章 状態述語の他動性(状態述語の特性
  • 非規範的な述語と二重主語構文 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統語構造と文法関係
著作者等 岸本 秀樹
書名ヨミ トウゴ コウゾウ ト ブンポウ カンケイ
シリーズ名 日英語対照研究シリーズ / 柴谷方良, 西光義弘, 影山太郎 編 8
出版元 くろしお
刊行年月 2005.2
ページ数 328p
大きさ 21cm
ISBN 4874243169
NCID BA70889585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20748470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想