中華の崩壊と拡大 : 魏晋南北朝

川本芳昭 著

乱世の三国時代を治めた晋の再統一(西暦二八〇年)の後、中国は再び大分裂。五八九年の隋の天下統一まで、華北(北朝)では、五胡十六国時代を挟み、一時は北魏が統一するが、東魏、西魏、北斉、北周と興亡を繰り返す。江南(南朝)でも、宋、斉、梁、陳と次々に王朝が交替。乱世の一方、陶淵明、顧〓(がい)之の活躍した六朝文化が華開く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 魏晋南北朝時代の幕開け
  • 第2章 胡漢の抗争
  • 第3章 胡漢の壁を越えて
  • 第4章 江南貴族制社会
  • 第5章 南朝後期の政治と社会
  • 第6章 江南の開発と民族間抗争
  • 第7章 北魏孝文帝の改革
  • 第8章 北朝後期の政治と社会
  • 第9章 古代東アジアと日本の形成
  • 第10章 中華世界の拡大と「新」世界秩序

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中華の崩壊と拡大 : 魏晋南北朝
著作者等 川本 芳昭
書名ヨミ チュウカ ノ ホウカイ ト カクダイ : ギ シン ナンボクチョウ
書名別名 Chuka no hokai to kakudai
シリーズ名 A history of China / 礪波護, 尾形勇, 鶴間和幸, 上田信 編 5
中国の歴史 5
出版元 講談社
刊行年月 2005.2
ページ数 382p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 4062740559
NCID BA70868756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20747480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想