谷中の思想

田中正造 [著]

日露戦争下の明治37年、足尾銅山の鉱毒処理のため水没・廃村に追いこまれようとしていた谷中村に田中正造は移り住んだ。およそ10年にもおよぶ苦闘のすえ、人間の「生存権」を基本とする人権思想の確立、自治の回復とそれに立脚する人民国家の展望、綿密な河川調査に基づく治水の研究等、その思想は急速に深化をとげていった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 谷中の思想
著作者等 小松 裕
田中 正造
由井 正臣
書名ヨミ ヤナカ ノ シソウ
シリーズ名 田中正造文集 / 田中正造 著 ; 由井正臣, 小松裕 編 2
岩波文庫 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.2
ページ数 399, 8p
大きさ 15cm
ISBN 4003810724
NCID BA70861699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20747462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想