桜が創った「日本」 : ソメイヨシノ起源への旅

佐藤俊樹 著

一面を同じ色で彩っては、一斉に散っていくソメイヨシノ。近代の幕開けとともに日本の春を塗り替えていったこの人工的な桜は、どんな語りを生み出し、いかなる歴史を人々に読み込ませてきたのだろうか。現実の桜と語られた桜の間の往還関係を追いながら、そこからうかび上がってくる「日本」の姿、「自然」の形に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1ソメイヨシノ革命(「桜の春」今昔
  • 想像の桜/現実のサクラ)
  • 2 起源への旅(九段と染井
  • ソメイヨシノの森へ
  • 桜の帝国
  • 逆転する時間)
  • 3 創られる桜・創られる「日本」(拡散する記号
  • 自然と人工の環)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桜が創った「日本」 : ソメイヨシノ起源への旅
著作者等 佐藤 俊樹
書名ヨミ サクラ ガ ツクッタ ニホン : ソメイヨシノ キゲン エノ タビ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.2
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4004309360
NCID BA7086151X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20756364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想