景気とは何だろうか

山家悠紀夫 著

景気が良くなっても暮らしは良くならない…日本経済はそういう構造に陥りつつあるのではないか。景気、景気循環、そして関連統計の見方等、基本的なポイントを解説し、戦後日本の景気変動を、独自に分類。その上で、空回りする経済政策を批判的に検証する。経済は暮らしの考え方の基礎に立ち戻って考える、刺激的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 危うくなった景気回復
  • 景気はなぜ波を打つか
  • 景気を何でとらえるか
  • 戦後日本の景気循環
  • 「構造改革」と景気
  • 不良債権と景気
  • 暮らしの視点から景気を見る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 景気とは何だろうか
著作者等 山家 悠紀夫
書名ヨミ ケイキ トワ ナンダロウカ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.2
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4004309336
NCID BA70860175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20755342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想