やりなおし高校の数学 : 数学は、本当はこんなに面白い!

岩渕修一 監修 ; 工藤伸仁 著

ひと言で「高校の数学」と言っても、学校によって、また、文系コースか理系コースかによって、扱う数学の内容はさまざまです。本書では、高等学校で習う数学のうち、基本的な内容や読んでいて興味をそそる内容を選んで取り扱っています。本書は数学の教科書のようなかたいイメージにならないように気を配って書いてあります。数学的な重要度だけでなく、読んでいて楽しいかどうかも一つの重要な要素として考慮しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「数の学問これぞ数学」-数の世界への招待
  • 第2章 「関数は一夫一妻制」-関数の世界への招待
  • 第3章 「指数は指でかぞえる数?!」-指数・対数の世界への招待
  • 第4章 「事情(2乗)があります三平方の定理」-三平方の定理の世界への招待
  • 第5章 「微分、積分、いい気分」-微分・積分の世界への招待
  • 第6章 「あたるも確率、あたらぬも確率」-確率の世界への招待
  • 第7章 「数を並べたら数列です」-数列の世界への招待
  • 第8章 「あっちこっちベクトル」-ベクトルの世界への招待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やりなおし高校の数学 : 数学は、本当はこんなに面白い!
著作者等 岩渕 修一
工藤 伸仁
書名ヨミ ヤリナオシ コウコウ ノ スウガク : スウガク ワ ホントウ ワ コンナニ オモシロイ
書名別名 Yarinaoshi koko no sugaku
出版元 ナツメ社
刊行年月 2005.2
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 4816338411
NCID BA70820669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20733404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想