いのちの落語

樋口強 著

がんと闘う人々とその家族を招待し東京深川で一年に一度だけかかる創作落語がある。その高座に上るのは悪性の肺がんから生還した会社員。自らの体験をもとにしたその落語は全ての人に生きることの意味を投げかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 穏やかな秋晴れの日に
  • 発病
  • 疑問
  • 妻と
  • 手術
  • 選択
  • 抗がん剤
  • 落語
  • 最後の一滴
  • 副作用
  • リハビリ
  • 再発の不安
  • 初めての独演会
  • 深川へ
  • 集まった人たちから
  • 手締め

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの落語
著作者等 樋口 強
書名ヨミ イノチ ノ ラクゴ
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.1
ページ数 190p
大きさ 19cm
付随資料 CD1枚 (12cm)
ISBN 4163664300
NCID BA70755603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20738334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想