パンダの死体はよみがえる

遠藤秀紀 著

肉食獣で不器用なクマは、笹(タケ)をエサにするパンダにいかにして進化したのか?そのカギを握るのがパンダの「偽の親指」であることは、広く知られてきた。ところが、著者が上野動物園のパンダ、フェイフェイ、ホアンホアンの遺体の解剖をしたところ、実はこの六本目の指はほとんど動かず、もう一本の偽の指(七本目の指)が備わっていることで初めてパンダはタケをつかめることが判明した。このパンダの掌の仕組みをはじめ、解剖記録から浮かび上がった「忠犬ハチ公」の真実など、「遺体科学」によってしか到達できない豊かな知の世界へと招待する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 息絶える巨象(死の現場
  • モノとしての遺体 ほか)
  • 第2章 パンダの指は語る(人気者との再会
  • 不器用なクマ ほか)
  • 第3部 語り部の遺体たち(旅の真相
  • ハプスブルク家のコウモリ ほか)
  • 第4章 解剖学から遺体科学へ(パンダは臭いか
  • 遺体を集め、遺体に問う ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パンダの死体はよみがえる
著作者等 遠藤 秀紀
書名ヨミ パンダ ノ シタイ ワ ヨミガエル
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.2
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4480062203
NCID BA70748787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20764739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想