民主化の理論

J.リンス, A.ステパン 著 ; 荒井祐介, 五十嵐誠一, 上田太郎 訳

[目次]

  • 第1章 民主主義とその諸領域(定着した民主主義に関する五つの領域)
  • 第2章 国家性・ナショナリズム・民主化(民主主義の必要条件としての主権国家
  • 国家と国家建設、国民と国民形成 ほか)
  • 第3章 現代の非民主主義体制(民主主義体制
  • 全体主義体制 ほか)
  • 第4章 移行経路と定着の課題に対して旧体制のタイプがもつ意味
  • 第5章 アクターと文脈(移行前の非民主主義体制の制度的構成とリーダーシップ
  • 移行の開始-誰が始め、誰が統制するか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民主化の理論
著作者等 Linz, Juan J.
Linz, Juan José
Stepan, Alfred C
上田 太郎
五十嵐 誠一
荒井 祐介
Linz Juan J.
Stepan Alfred
ステパン A.
リンス J.
書名ヨミ ミンシュカ ノ リロン : ミンシュ シュギ エノ イコウ ト テイチャク ノ カダイ
書名別名 Problems of democratic transition and consolidation. (抄訳)

民主主義への移行と定着の課題
出版元 一藝社
刊行年月 2005.2
ページ数 186p
大きさ 19cm
ISBN 4901253530
NCID BA70747729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20862935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想