戦後日本の国際文化交流

戦後日本国際文化交流研究会 著 ; 平野健一郎 監修

日本の国際文化交流の変化に迫る!「現象としての国際文化交流」の変遷を視野に入れつつ、戦後日本の「事業・活動としての国際文化交流」の理念と実践を検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦後日本の国際文化交流-概観
  • 2 戦後日本の国際文化交流の主題-主体・対象・関係(アイデンティティとしての地域-地域文化交流に対する国家的関与の日独比較
  • 戦後日本における「市民社会」の展開と国際文化交流-言説と実態
  • 「日本的グローバリズム」のアジア的契機-対アジア文化政策における普遍と特殊)
  • 3 戦後日本の国際文化交流の展開(リベラルな国際文化交流-「米国の影響」と「アジアへの展開」の交錯
  • グローバル化と市民社会-日本の国際協力NGOの価値変容について
  • 美術館が「アジア」と出会うとき-福岡アジア美術館の設立と展開
  • 地域文化協力をめぐる文化触変-ASEAN文化協力に対する域外主体の影響
  • 地域統合のなかの国際文化交流-「ヨーロッパ文化政策」と対外文化政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の国際文化交流
著作者等 平野 健一郎
戦後日本国際文化交流研究会
書名ヨミ センゴ ニホン ノ コクサイ ブンカ コウリュウ
出版元 勁草書房
刊行年月 2005.1
ページ数 408p
大きさ 22cm
ISBN 4326601795
NCID BA70693765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20748986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想