ハインズ神経解剖学アトラス

デュアン・E.ハインズ 著 ; 山内昭雄 訳

本書の生成を促したものは、(1)実習室や講義室での教習効果を高めたい、(2)構造と機能を統合したい、(3)中枢神経系への血流供給を理解することが臨床上いかに重要であるかを訴えたい、(4)解剖学と臨床医学の統合を行いたい、などの思想である。中枢神経系の構造と機能は別々のものではなく一体をなすものであることが明確に読者に伝われば、本書の目標は達成されたことになろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに:本書の特色と使用法
  • 第2章 中枢神経系の外形
  • 第3章 中枢神経系の肉眼解剖
  • 第4章 スライスとMRIによる脳の内部形態
  • 第5章 染色切片で知る中枢神経系の内部形態
  • 第6章 染色切片像の立体的理解:MRI像と切片像の対比
  • 第7章 機能的区分、神経伝導路のまとめ
  • 第8章 解剖学と臨床のつながり:脳血管造影とMRA,MRV
  • 第9章 練習問題および正答と解説:USMLE形式

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハインズ神経解剖学アトラス
著作者等 Haines, Duane E
山内 昭雄
ハインズ デュアン・E.
書名ヨミ ハインズ シンケイ カイボウガク アトラス
書名別名 Neuroanatomy. (6th ed.)
出版元 メディカル・サイエンス・インターナショナル
刊行年月 2005.1
版表示 第3版.
ページ数 316p
大きさ 30cm
ISBN 4895923916
NCID BA7068765X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20738184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想