建築家・吉田鉄郎の『日本の庭園』

吉田鉄郎 著 ; 近江榮 監修 ; 大川三雄, 田所辰之助 共訳

日本庭園のデザイン作法を建築家の眼で図解。水の役割、石の構成、茶庭の意義、美の規範…。建築と環境を一体に考えるための教養として、伝統のエッセンスを抽出。『日本の住宅』『日本の建築』とともに欧米でロングセラーとなった名著「ドイツ語三部作」の復刻完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 概説
  • 2 歴史的発展
  • 3 庭園の種類
  • 4 庭園を構成する要素(池岸、滝、橋
  • 飛石と敷石
  • 手水鉢と石灯篭
  • 茶亭と四阿
  • 植栽
  • 垣)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築家・吉田鉄郎の『日本の庭園』
著作者等 吉田 鉄郎
大川 三雄
田所 辰之助
近江 栄
書名ヨミ ケンチクカ ヨシダ テツロウ ノ ニホン ノ テイエン
書名別名 Der Japanische Garten
シリーズ名 SD選書 239
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2005.2
ページ数 11, 208p
大きさ 19cm
ISBN 4306052397
NCID BA70687503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20738195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想