松山・道後十七文字の殺人

西村京太郎 著

松山市の俳句祭りで、「血の匂い・怨念・死ぬ」といった言葉が詠み込まれた俳句が見つかった。殺意を秘めた不吉な響きに、十津川警部は警戒を強め、過去の事件を洗い直した…。やがて事故死とされた二つの事件が結びついた。被害者は大学教授とOL。何ら接点が見えない二人だが、実は俳句の同人誌仲間だった-。復讐を仄めかす俳句が詠まれ、未曽有の殺人劇が開幕する長篇ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松山・道後十七文字の殺人
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ マツヤマ ドウゴ ジュウシチモジ ノ サツジン
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2005.2
ページ数 458p
大きさ 16cm
ISBN 4101285179
NCID BA70657648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20740017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想