社会調査入門 : 量的調査と質的調査の活用

K.F.パンチ 著 ; 川合隆男 監訳

実用的な観点から、近年ますます必要とされる「量的調査」「質的調査」のアプローチ双方への理解〜総合的な活用へと導き、調査デザイン・データ収集・データ分析・報告書作成までを網羅した、画期的概説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 いくつかの中心的な論点
  • 第3章 調査問題
  • 第4章 調査問題からデータへ
  • 第5章 量的調査のデザイン
  • 第6章 量的データを収集する
  • 第7章 量的データの分析
  • 第8章 質的調査:概観、デザインとグラウンデッド・セオリー
  • 第9章 質的データを収集する
  • 第10章 質的データの分析
  • 第11章 折衷的方法と評価基準
  • 第12章 調査についての著述

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会調査入門 : 量的調査と質的調査の活用
著作者等 Punch, Keith
川合 隆男
Punch Keith F.
パンチ K.F.
書名ヨミ シャカイ チョウサ ニュウモン : リョウテキ チョウサ ト シツテキ チョウサ ノ カツヨウ
書名別名 Introduction to social research
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2005.2
ページ数 447p
大きさ 22cm
ISBN 4766411226
NCID BA70603591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20854435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想