水と祭祀の考古学

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 編

古代日本の「水の祭り」とは何か?なぜ「水の祭祀」はなくなったか?明らかになってきた古代の神と水の祭りから日本古代史の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 導水施設と埴輪の考古学(導水施設の意義について-南郷大東遺跡の調査を中心に
  • 宝塚1号墳と囲形埴輪
  • 狼塚古墳と導水施設形埴輪
  • 水の祭祀場を表した埴輪と導水施設)
  • 第2部 水とまつり(常世・女・井-神話の土壌
  • 令制下の水とまつり
  • もうひとつの水のまつり-湧水点祭祀の世界
  • 大王の祭祀から天皇の祭祀へ)
  • 第3部 シンポジウム「カミよる水のまつり」をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水と祭祀の考古学
著作者等 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
橿原考古学研究所附属博物館 (奈良県立)
橿原考古学研究所附属博物館
書名ヨミ ミズ ト サイシ ノ コウコガク
書名別名 Mizu to saishi no kokogaku
出版元 学生社
刊行年月 2005.1
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 4311202784
NCID BA70549088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20732456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想