東は東、西は西 : イギリスの田舎町からみたグローバリズム

小林章夫 著

田舎町ノリッジで暮らした著者が、長期滞在者の視点で、借家でのハプニングや不動産屋とのトラブル、住民の日本への意外な関心といった日常生活から、王室をめぐる出来事、ベッカム人気をはじめとするワールド・カップでの悲喜交々、イラク侵攻問題にみる"ヨーロッパの大国意識"など、激動の一年に英国の現在を見通す。ローカリズムとグローバリズムの狭間で、普通のイギリス人が何を考え、どう身を処しているのかを、柔らかい筆致で語ってゆく、随所にイギリスの言語・文化・歴史に造詣の深い著者ならではの解説がちりばめられた書き下ろしエッセー。自らの立つ位置を模索している日本人にとって、イギリスに見るべきところとは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ノリッジ-伝統的暮らしが息づく町
  • 第2章 日本に向けるまなざし-研究所に集う人々
  • 第3章 「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」の氾濫
  • 第4章 サッカーにおけるグローバリズムとローカリズム
  • 第5章 平和な町に起きたさざ波
  • 第6章 消えたイラク戦争反対論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東は東、西は西 : イギリスの田舎町からみたグローバリズム
著作者等 小林 章夫
書名ヨミ ヒガシ ワ ヒガシ ニシ ワ ニシ : イギリス ノ イナカマチ カラ ミタ グローバリズム
シリーズ名 NHKブックス 1021
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.1
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4140910216
NCID BA70522900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20741136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想