スウェーデン水辺の館への旅

荒井洌 著

森と湖の国、スウェーデン。ヴェッテルン湖という南北に長い、大きな湖がある。その湖のほとりに、「ストランド荘」という名の水辺の館がある。『児童の世紀』を著したエレン・ケイの館である。この本のページを開き、水辺の館への旅に出てほしい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ヴェッテルン湖の陽の光
  • 1 スウェーデンへの旅路(世界中の大学が揺れていた-北欧の大学改革案の翻訳
  • スウェーデン社会研究所の第一回視察団-「福祉とは何をすることか」の時代
  • 役所を歩き回って「保育指針」を手に入れる-すべては日本と反対だった ほか)
  • 2 エレン・ケイ 新しい世紀への夢(Ellen Karolina Sofia Key(1849〜1926)のこと
  • 『児童の世紀』(一九〇〇年)の刊行から百年が過ぎて
  • ヴェッテルン湖のほとりのストランド荘と、太陽の光 ほか)
  • 3 エレン・ケイを待っていた日本(大正時代の青春
  • 戦時体制下のスウェーデン紹介
  • 『児童の世紀』が生かされる時代へ)
  • エピローグ バルト海のほとりの原風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スウェーデン水辺の館への旅
著作者等 荒井 洌
書名ヨミ スウェーデン ミズベ ノ ヤカタ エノ タビ : エレン ケイ ジドウ ノ セイキ オ タズサエテ
書名別名 エレン・ケイ『児童の世紀』をたずさえて
出版元 冨山房インターナショナル
刊行年月 2004.12
ページ数 149p
大きさ 22cm
ISBN 4902385074
NCID BA70497563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20876655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想