ザメンホフ : 世界共通語を創ったユダヤ人医師の物語

小林司 著

ロシア革命、そして民族破壊の嵐にさらされた抑圧下ポーランドで、一貫して民族平等と平和を訴え続け、やがて世界共通語へと結実してゆく。"早すぎた民主主義者"が闘った波乱の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゲットーに暁の光を
  • 心やさしい愛の輝き
  • にがよもぎの国-ポーランド
  • 世界にひとつの言葉を
  • 風雪にもめげず
  • 追風を帆にはらみ
  • 伸びゆく言葉
  • 人間をつなぐもの
  • 砲音とどろくワルシャワにて
  • ザメンホフを超えて
  • ワルシャワ・ゲットーの悲劇
  • エスペラントは力強く進む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ザメンホフ : 世界共通語を創ったユダヤ人医師の物語
著作者等 小林 司
書名ヨミ ザメンホフ : エスペラント オ ツクッタ ユダヤジン イシ ノ モノガタリ
書名別名 世界をひとつの言葉で

L.L.Zamenhof

Zamenhofu
出版元 原書房
刊行年月 2005.1
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 4562038624
NCID BA70496742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20761403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想